輸出以外の事業

man looking in laptop

今、日本で「中古車輸出」の企業といえば、おそらくエスビーティーの右に出るモノはいない状況でしょう。完全に他社を圧倒する勢いで成長し続けており、実際に現在では世界各国に40以上のオフィスを置いています。年々その数は増え、ついにアメリカやイギリスといった国々にも、エスビーティーの海外オフィスが設置されるようになりました。

さて、中古車輸出というビジネスではおおむね成功したといっても間違いないエスビーティーは、その地位に安住せず、積極的にその他の事業にも目を向けています。たとえばこれまでの「畑」とは一見関係なさそうですが、小型機を中心とする飛行機のライセンス取得サポートサービスを手がける、という事業も行っています。個人で飛行機を操縦したい人、郵便や観光、あるいは趣味で飛行機に乗りたいという人のために、そのライセンス取得をサポートします。
考えてみれば自動車学校とは違って飛行機学校というのはどこにあるのかよくわからないし、どういうふうにライセンスを取得するものなのかよくわかりません。
そこで、エスビーティーの出番なのです。

上には「これまでの『畑』とは一見関係ない」みたいなことを書きましたが、飛行機ライセンスに関する事業は実はこれまでの業績と無関係ではありません。
つまり、世界を相手にした事業、という意味で。
エスビーティーでは、アメリカなどにある飛行機学校を紹介し、その入学サポートや通学中のホームステイ先の紹介などもしてくれるのです。
このように、「ワールドワイド」という特徴が活きているのです。